無料相談

初回法律相談30分無料


DINNER MENU

当店では、直接築地から食材を購入しております。その日取れた新鮮な魚介類と、良く熟成された牛のフィレ肉を新鮮なハーブと組み合わせ、毎日違うディナーを楽しんでいただきます。

離婚・男女トラブルで
お悩みの方は
お気軽にご連絡ください

離婚・男女トラブルでお悩みでしたら、お気軽に大阪・北区東天満の法律事務所桃李までご連絡ください。

当事務所では初回の法律相談を30分無料(30分ごとに5,500円)で承っております。

すでに離婚を決意された方から、「まだ離婚するべきかどうか迷っている」という方まで、幅広い方々のお悩みを親身におうかがいして、最善のアドバイスを提供させて頂きます。

土日祝、早朝・夜間にも
ご相談頂けます

「平日は仕事や家事・育児などが忙しいので、なかなか事務所に行くことができない」という場合でも、事前にご予約頂けましたら土日祝、早朝・夜間にもご相談頂けます。

別途費用が必要となりますが、出張相談も可能です。

当事務所は地下鉄「南森町駅」・JR東西線「大阪天満宮駅」などの2つの駅からアクセスできる便利な場所にございます。

お仕事帰りなどに気軽にお立ち寄り頂き、離婚・男女トラブルをご相談頂くことができます。
項目を追加

離婚の種類・成立までの流れ


01

お問い合わせ

メールもしくはお電話でお問い合わせください。
お客様のご都合に合わせて、ご相談、お見積もりをさせていただきます。
01

協議離婚

協議離婚とは、夫婦の話し合いにより離婚を成立させる方法です。
夫婦の同意のもと、離婚届を提出して受理されれば離婚が成立します。
この時、離婚の理由は問われませんが、離婚届には証人2名の署名押印が必要となります。
また、未成年の子供がいる場合には、どちらが親権者となるのかを決めておかないと離婚届は受理されません。
02

調停離婚

夫婦による話し合いがまとまらない場合や、相手が話し合いに応じない場合などには、家庭裁判所に調停を申し立てて離婚の成立を目指します。
これを「調停離婚」と言います。
調停離婚では、調停委員が双方の言い分を聞き、最終的には話し合いによる解決を目指します。
調停がまとまれば離婚が成立します。
03

審判離婚

調停でも話し合いがまとまらなかった場合、告知から2週間以内にどちらかが異議を申し立てれば審判が行われることになりますが、事例はほとんどありません。
そのため、調停が成立しない場合には訴訟を起こすことになります。
04

裁判離婚

調停で離婚が成立せず、双方どちらからも異議申し立てが行われなかった場合には、家庭裁判所での裁判により離婚を成立させることになります。
これを「裁判離婚」と言います。
なお、訴訟を起こすためには、必ず家庭裁判所での調停を経なければいけません(調停前置主義)。
裁判では双方の主張を整理した上で、本人尋問、証人尋問、証拠調べなどが行われ、判決により離婚するかどうかが決定します。
通常、判決が出るまでに1~2年程度かかります。
裁判離婚では双方の同意は必要ありませんが、「不貞行為」「悪意の遺棄」「配偶者の生死が3年以上明らかでない」などの法律が定める「法定離婚原因」が必要となります。
項目を追加