親権

DINNER MENU

当店では、直接築地から食材を購入しております。その日取れた新鮮な魚介類と、良く熟成された牛のフィレ肉を新鮮なハーブと組み合わせ、毎日違うディナーを楽しんでいただきます。

親権とは

親権には
 「身上監護権」と 「財産管理権」
があります

親権は、一般的に「子供の親になる権利」と思われがちですが、法律では「子の身上監護権およびその義務」また「子の財産管理権およびその義務」と定義されています。

身上監護権とは、子供の衣食住を世話し、教育、しつけをする権利・義務のことです。

財産管理権とは、子供の財産を管理し、契約などの法律行為の代理人となる権利・義務のことです。

通常、子供を引き取った親が親権者となり、日常的な世話や教育をし、親権者=監護者となります。

ですが、父親・母親で親権者と監護者を分けるケースもあり、その場合には親権者が財産管理の部分の権利・義務を負い、監護者が身上監護権の部分の権利・義務を負うことになります。
項目を追加


未成年の子供がいる場合には離婚前に親権者を決めなければいけません

未成年の子供がいる場合には、離婚前に親権者を決めておかなければいけません。
そのほか、養育費や子供の戸籍・姓、面会交渉権などについても話し合っておく必要があります。
未成年の子供がいる夫婦が事前に決めておかなければいけないことは、主に次の通りです。

うつくしい森

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

親権者

父親・母親のどちらが親権者となるか決めておかなければいけません。
協議離婚の場合、親権者を決定しておかないと離婚はできません。

養育費

非監護親(子供を引き取らない親)が監護親(子供を引き取って育てる親)に支払う養育費の金額や支払い方法などを決めておく必要があります。
項目を追加

うつくしい森

あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。

子供の戸籍・姓

離婚後に父親・母親どちらの姓を名乗るか、また戸籍をどうするかなどを決めておく必要があります。
戸籍・姓を変更する時には手続きが必要となります。

面会交流権

子供と別れて暮らすことになった親が、どのように子供と会って交流するか、具体的な頻度や時間などを決めておく必要があります。
項目を追加

親権者の決め方



当事者同士による話し合い

離婚届には未成年の子供の親権者を記入する欄があり、協議離婚では親権者を決めないと離婚することはできません。

そのため、離婚の話し合いと同時に、どちらが親権者となるか話し合わなければいけません。


家庭裁判所への調停の申し立て

話し合いがまとまらず、双方が親権を譲らないような場合には、家庭裁判所に調停を申し立てて決めることになります。

ただし、家庭裁判所で親権を決める時、特別な事情がない限り母親が優先されます。

子供の年齢と親権者の決め方


①AM9:00 起床
昨日はLIVE、夜更かし、飲みすぎ、最悪の朝。
胎児
原則として母親が親権者になります。
ただし、出産後に父親に変更することも可能です。
0~満9歳
乳幼児の場合、母親の世話や愛情などが必要という考えから、母親が親権者になることが多いです。
満10~14歳
母親が親権者になることが多いものの、子供の意志を尊重して決定する場合もあります。
満15~19歳
子供の意志を尊重して決定することになります。
満20歳以上
親権者は必要ありません。
項目を追加

「離婚前に別居を考えている」という方は
一度弁護士にご相談ください

「とにかく相手と離れて暮らしたい」と思うあまり、離婚前に子供を置いて別居される方もおられます。
  
ですが、家庭裁判所の調停で親権者を決める時、子供の現在の生活環境を維持するために、育児放棄などの問題がない限りは実際に子供を監護養育している親が優先されます。

なので、離婚に際して親権を手に入れたいとお考えでしたら、別居を踏みとどまるか、子供を連れて別居されることをおすすめします。

このように衝動的に行動を起こした結果、親権などの面で不利に働くこともありますので、離婚をご検討中でしたらお早目に大阪・北区東天満の法律事務所桃李へご相談頂き、有効なアドバイスを受けられることをおすすめします。